病院からのお知らせ

市民病院職員における新型コロナウイルス感染者の発生について(第2報)

 令和3年8月6日、市民病院に勤務する職員1名が新たに新型コロナウイルス感染症に感染していることが判明しました。

~経過~
〇令和3年8月2日(月) 非勤務日
〇令和3年8月3日(火)・4日(水) 勤務日(ゴーグル・マスク着用)
〇令和3年8月5日(木) 勤務日 同居家族に発熱等の症状出現、本人は自覚症状なし
〇令和3年8月6日(金) 同居家族とともにPCR検査を実施、本人・家族に陽性が判明
同日中に接触が疑われる患者・職員の洗い出し及びPCR検査を実施

~市民病院の対応~
○病院職員及び患者等で接触者の洗い出しを行った結果、濃厚接触者に該当する人はおりませんでした。(前回発生した陽性者との関連も確認されませんでした。)
○接触が疑われる関係者に対しPCR検査を実施しましたが、結果は全員「陰性」でした。
○現時点では他に感染者は確認されておりませんが、今後も入院患者と職員の健康観察を厳重に行い、併せて必要な検査についても迅速に実施してまいります。
○当院は本日以降も通常どおり診療を行う予定です。新型コロナウイルスワクチン接種も予定どおり行います。
○院内の消毒、その他の感染予防策は適宜実施しております。

 皆様にはご心配、ご迷惑をおかけいたしますが、今後も感染拡大防止に全力で努めてまいりますので、何卒ご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

  令和3年8月11日

東松山市立市民病院   
 病院事業管理者 杉山 聡
 病院長 野村 恭一   

« 前のページに戻る

ページの先頭へ